医薬としてのシクロペンタン誘導体

Abstract

本発明は、式Iで示される新規化合物を提供する。式I中、 Rは、HまたはCOR 3 であり; R 1 は、H、R 2 、フェニル、またはCOR 3 であり、R 2 は、C 1 〜C 5 低級アルキルであり、R 3 は、R 2 またはフェニルであり; Zは、CH 2 またはOであり; Yは、OH、OCOR 3 、または=Oであり; xは、0または1であり; Xは、C 1 〜C 5 n−アルキル、C 3 〜C 7 シクロアルキル、フェニル、フラニル、チエニル、またはそれらの置換誘導体であり、該置換基は、C 1 〜C 5 アルキル、ハロゲン、CF 3 、CN、NO 2 、NR 4 2 、CO 2 R 4 およびOR 4 から成る群から選択し得、R 4 は水素またはC 1 〜C 5 アルキルであり、点線は、二重結合の存在または不存在を表し、波線は、シスまたはトランス結合を表す。 本発明の新規化合物は、上昇した眼圧(高眼圧)および緑内障を処置するのに特に有用である。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (1)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      EP-0002590-A1June 27, 1979American Cyanamid CompanyProstaglandines, procédés pour leur préparation et compositions pharmaceutiques les contenant

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle